ワラーチを作ってカヤック&sup体験!+トレッキングしてバテレでビール!

裸足に近い履きごこちのサンダル、「ワラーチ」。
メキシコ北西部、コッパ―キャニオンと呼ばれる山奥で暮らす先住民族ララムリ(タラウマラ族)が履いているサンダルです。
長距離を走るウルトラマラソンで脚光を浴びました。

裸足に近いはき心地と、滑りにくさがカヤックにぴったりだと思いました。

今回は、通常のワラーチにさらに「アーシング®」効果のあるひと手間を加えます。
「アーシング®」とは、身体にたまった電気を地面に放出する作用。フランスの自転車レース、ツール・ド・フランスでも、ケガや疲れの修復に採用されていいます。
ワラーチを履いていても、裸足で歩いたときと同じ効果が期待できます。

ワラーチを作り、それを履いてカヤックとSUPに乗る、さらに白丸湖畔をトレッキングして奥多摩駅近くの「バテレ」でクラフトビールを飲むという、モリモリ盛りだくさんのイベントを企画しました!

昼過ぎに集合、ワラーチ作り。
そのあとカヤック&SUP体験をします。

ワラーチを履くと、舗装していない山道を歩くのがとにかく気持ちいい!楽しい!
多摩川沿いの遊歩道はちょうどいい起伏があったり、トンネルがあったり、ちょっとした冒険感があります。

講師は、羽村市で整体をやっている 山下 隆宏 (Takahiro Yamashita) さん。
ワラーチ作りのワークショップを各地でやっています。
親子でワラーチを作って走ったりと、ユニークなワークショップも行っています。

カヤック&SUPは、パドルの持ち方からレクチャーしますので、初心者でもご参加いただけます。

自分の身を護ろう!レスキュー講習

安全に川下りをするには、「何が危険なのか?」を知ることがとても重要です。
基本はセルフレスキュー
自分の身の安全確保を目的とした講習です。

参加レベルは中Aクラスから。
沈脱や流れの中でのスイムなどを、安全な環境で練習できるチャンスです。
これから川下りを始めようと考えてる方にはおすすめの内容です。前半は座学。

流れのメカニズムを知って、川のどんな状態が危険なのかを学びます。
また、PFDやボートの装備、携行したい救急セットの内容など、道具についても話し合います。

後半は実技。
事故に遭いにくい流され方、岸まで泳ぐ、流れを横切る、沈脱など、流れの中での対処方法を練習します。
練習で繰り返し泳ぐことで、流れの中での身体づかいに慣れていきます。
そのほか、スローロープを使った助け方(ロープレスキュー)なども練習します。

川下りで必要なテクニック。
年に一度の開催です。

4/30(火)の初心者体験・初級クラスについて

4/30(火)は、あいにく本格的な雨の予報となっています。
スクールは予定通り開催します。

他の日程変更、またはとりやめを希望されるかたは、おしらせください。

多摩川中流ツアー

いつもの中級クラスで下っているコースのゴール地点より下流(柚木川原・二俣尾駅付近)からスタートして、「釜の淵公園」(青梅駅付近)までの約6kmを下ります。

瀬と瀬の間隔がほどよくあって、瀬でドキドキ、瀞場で癒されて‥と、余裕をもって楽しめます。
下流とはいっても人家はほとんど見えず、緑がいっぱい。
緩やかなところも多く、川の上からの景色を眺めながら下れる区間もあります。

お昼ご飯は、途中の川原で上陸。
ドライバッグでランチを持っていって、川原で食べます。

メディア掲載

インタビュー(インターネット記事)

●喜多川 泰オフィシャルサイト

学びの広場 Interview
http://tegamiya.jp/learning/interview/7302
作家喜多川泰さんとの対談。カヤックスクールでの教える工夫や気をつけていること、続けてもらうポイントなどについて、対談しました。カヤックの楽しさ、カヤックから教えてもらうことなどについても話しています。

●山吹町articles

インタビュー「リバーカヤックは最高のリフレッシュ。」 [前編] [後編]
女性向けネットマガジンでのインタビュー記事。前編はカヤックの楽しさについて、後編はカヤックにはまったきっかけなどについて話しています。

書籍

●舵社雑誌『カヌーワールド』

リバーカヤックやシーカヤック、カヤックにまつわるキャンプ方法などビギナーからベテランまで楽しめる雑誌。年2回発行。
グラビティ主宰 後藤めぐみが「達人カヤッカー養成ゼミ」を連載中。
http://www.kazi.co.jp/canoe/

●超入門パドリングテクニック教書(2016年)

カヤックの道具の選び方、技術、フィールド。ムック本。主にリバーカヤックの技術について書いています。

●リバーカヤック大全(1998年)

リバーカヤック指南書。道具の選び方から技術、フィールドまで。共著。主にテクニックについて書いています。(図書館で見つかります)

取材・執筆依頼について

こちらのページよりお問い合わせください。

ロール講習

ひっくり返っても、起き上がれるようになれると体力の消耗も少ないですし、安全性も高くなります。
ロールをマスターする特別講習を開催します。

基本でお教えしているのは、「スイープロール」。
スイープストロークをしながら起き上がるロールで、流れの中では一番上がりやすいスタイルです。

前半は、陸上でロールのコツを説明。
「4つの動作」と方向を覚えます。
そのあと水の上に出て実際に動作を繰り返して覚えていきます。

ロールの確率が悪いので、確率を上げたい。
もっとラクに上がれるようになりたい。
オフサイド(反対側)のロールを覚えたい。
バックデッキロール(クイックロール)を覚えたい。
‥など、ロールの経験のある方も歓迎します。

ふわっと上がれる、ラクなロールが身につきますよ。

ロールにも挑戦!春のカヤック合宿

中級者向けの、基本ストローク@静水、流水の基本(ダウンリバー)、ロール(初めてでも可)、をやります。
連続して漕いで一気に上達したい方、スクールに行ったことがないけれど基本のおさらいをしたい方に最適な内容になっています。
 自己流でやってきてなんとなくできてるけど、できるときとできないときの違いがわからない
 ダウンリバーしていつもグラグラ不安定さを感じる
 ロールがちっとも上がらない
などなど、お悩み解決な内容になっています。

グラビティの講習で好評な、動画を使った解説もします。
フォワードストローク、エディキャッチ、ロールなど、基本的な動きの中に「なんでできないのか?」の答えがあります。

初日は昼からなので、遠方からの参加もしやすいスケジュールです。
荷物の受け取り、前泊もOKです。

一日単位での受付ですので、気になる日だけの参加でも!
合宿、いかがですか?

中級者向けタテ系に挑戦!合宿

中級者以上向けの三日間合宿を、GWはじめに開催します。
基本ストローク、リーンコントロール、ロール、瀬遊びベーシックテクニックをやります。

ちょっと伸び悩みを感じている方、タテ系に興味があるけれど練習方法がいまひとつわからないという方に最適な内容になっています。
今回は、三日間連続で漕ぐことで、基本から瀬遊びにつながっているポイントなどを感じてもらえればな、と考えています。

自己流でやってきてなんとなくできてるけど、できるときとできないときの違いがわからないとか、長いボートに乗るとボートが曲がらないとか、自分のクセを客観的に見るとどうなのかとか、これから始まるシーズンでのヒントになると思います。

グラビティの講習で好評な、動画解説もします。
フォワードストローク、エディキャッチ、サーフィンなど、基本的な動きの中に「なんでできないのか?」の答えがあります。

初日はお昼からスタートなので、遠方からも参加しやすい日程になっています。
宅配便での荷物の受け取り、前日&講習後の宿泊もOKです。

合宿、いかがですか?

Googleカレンダーの読み込みについて

スケジュール確認用に載せているGoogleカレンダーですが、PCからだと表示されないようです。
スマートフォンからは見られますので、PCで開かない方はスマートフォンをご利用ください。

プライベートレッスン

「ご自分のペースで楽しむ、カヤックレッスン。」

集中して練習したいとき、小さなお子さんと、
グループでのレッスンなどにご利用ください。
マンツーマンの講習では、基本を磨く、ロール練習、川下りの案内など、
ご希望の内容でアレンジします

おひとりで

例えば、基本ストロークを好きなだけじっくりと、ロール練習をみっちり、多摩川の川下り案内など、ご希望の内容でアレンジします。
※川下りの案内は、一日コースのみです。

親子で

プライベートレッスンは、お子さんは小学1年生から参加できます(通常の体験レッスンは、小学3年生から)。
お子さんのペースに合わせた体験ができます。
小学3年生以下のお子さんは、おとな1名以上と一緒に参加してください。

グループで

レベルはバラバラだけれど、一緒にレッスンを受けたいグループ向け。
ある程度の流れを使って、レベルに合わせた練習方法などをお伝えします。
定員4名まで。

料金

半日コース 20,000円 10:00~12:00または13:00~15:00の2時間
一日コース 32,000円 10:00~15:00の4時間。途中休憩があります。

定員は4名までです

艇など道具一式のレンタルは、おひとり/2,500円の追加となります

6~10月の期間は平日のみ受け付け

自分のペースで楽しめる
対象 おひとり、グループ貸し切り(4名以下)、親子(小学1年生~OK)でも。
カヤックがまったくはじめての初心者~テクニックを磨きたい経験者まで、技術レベルは問いません。
内容

●マンツーマンで基本ストロークやリーンなどをじっくり練習
●親子でのんびりゆったりのペースで
●川下りの案内(一日コースのみ)
●グループ貸し切りで練習
…など、ご希望によってレッスン内容をアレンジできます。

コース 午前の「半日コース」と、午前~午後の「1日コース」があります
定員は4名までです
小学3年生以下のお子さんは、おとな1人以上と一緒にお申込みください

6~10月の期間は平日のみ受け付け

会場 白丸会場または御岳会場
料金 半日コース(2時間)・・・・20,000円
一日コース(4時間)・・・・32,000円

※2名以上で参加の場合、艇など道具一式のレンタルは、おひとり/2,500円の追加となります
※一日コースは、昼食休憩を含めると5時間程度になります

ページの上へ

Translate »