ウエア(持ち物)について

季節によって変わる持ちもの

春期、秋期(3月下旬~6月上旬、9月下旬~11月上旬)

持ち物(春期、秋期)

  • ウインドブレーカー、または雨ガッパなどの風や水を通さない上着
  • フリースなど化学繊維でできたウエア、またはジャージなどの着がえ

パドリングジャケット、ウエットロングパンツのレンタルもございます(別途1,000円かかります)ご希望の方はお申込みの際にお伝えください

夏期(6月下旬~9月中旬)

持ち物(夏期)

  • Tシャツ
  • 短パン
  • 帽子
  • 500ml程度の飲み物

冬期(11月中旬~3月中旬)

寒さに応じてご用意ください。
お持ちでない方は、ご相談ください。
wear_03

  • ドライカグ、フルドライスーツなど、防水性の高い上着
  • ウエットロングパンツ、またはドライロングパンツ
  • フリース、またはタッパなど保温性の高いインナー
  • ウエットグローブ
  • スカルキャップ
共通(各シーズン共通の持ち物)

wear_04

  • 替えの靴またはかかとのついたスポーツサンダル
  • メガネのかたはメガネバンド
  • 日焼け止め
  • 保険証またはそのコピー
  • 帽子
  • タオル(必須:タオルは必ず持参して下さい)
  • 鼻せん(中級Bクラス以上)
カヌーの際の着がえ(全身が濡れてしまうため)
アンダーウエア、ジャージ、フリースなど
  • 濡れたとき体を冷やしてしまうので、綿100%のものはできるだけ避けて下さい。
  • ジーンズは濡れたときに体の動きを妨げるので、カヌーには適していません。
替えの靴
  • テニスシューズ、スニーカーまたはかかとのついたスポーツサンダルなど。
  • 川岸は足場が悪く、滑りやすいです。ビーチサンダルのようなカカトの留め具がないものは不向きです。
  • クロックスなど大きな靴は、河原では脱げやすく、カヤックの中の収まりも悪いので避けてください。

カテゴリー: カヌースクール・料金

ページの上へ